NSCC5実行委員リレーVol.2

 

全国高校生徒会大会では第6回大会実行委員へのエントリーフォームを6月3日に公開致します。(詳細はこちらから)

 

実行委員は何をやっているのか、一体どの様な人達が実行委員をしているのか、少しでも素顔に迫れるよう、第5回大会実行委員長栗本との対談形式でお送り致します!

 

 

 

リレー第2回は第5回大会で企画部員を務めた國塚尚希くん(高3・桐光学園)です。

 

*NSCCは全国高校生徒会大会の略称です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

栗:それでは実行委員リレーVol.2ということでよろしくお願いします。

國:よろしくお願いします!

栗:ではでは…、最初から突っ込んだ質問を…。

國:え、怖い。

栗:企画部って何やっているの?

國:あ、良かった…。企画部というのは大会全体のスケジュールから班別ディスカッションまで、NSCC会期中の流れとコンテンツの内容を”企画”する部署だよ。1からNSCC5を創り上げていく部署、というと分かりやすいかな?

栗:分かりやすい…。僕自身も第4回大会(NSCC4)では企画部長をしていたから「企画部」という響きが好きなのよね…。なんとなく。

國:それは分かるかも。「企画部の○○です」って自己紹介するの楽しいよね。

栗:うんうん。NSCC5企画部ではなんかハプニングとかあった?

國:ハプニングは特にはなかったけど、いつもミーティングが白熱していた…

栗:企画部のミーティングが白熱しているというのは何度も聞いたよ笑

國:大会のテーマに合う企画なのか、「全国大会」として話し合うに値する議題なのか、何度もミーティング重ねて企画書を作りました。

栗:お疲れ様でした…

國:後は自分の事なんだけれども…

栗:??

國:ミーティングにフル参加ができなかったのは、本当に申し訳なかったと思っています。ごめんなさい。

栗:忙しい中ありがとう。

國:ちなみにミーティングはSkypeを使って夜にやっていましたよ!

栗:では次の質問。NSCC実行委員になって何か得たものはある?

國:そうだなぁ、一番は「モチベーション」かな?

栗:もちべーしょん?

國:自校での生徒会活動や勉強のモチベーションが上がったように思うな。ピンチの時もみんなみたいにがんばらねばと乗り越える事ができそうな。

栗:なるほどね、一方でNSCC実行委員に「必要なもの」って言われたら何だと思う?

國:「隅っこへの配慮」かな。全体を見ようとする中で、意識の隅っこへ寄せてしまいがちなことってあるよね。例えば参加者への声かけだったり、後輩のメンタルケアだったり。そんなことが当たり前にできるといいよね。

栗:「隅っこへの配慮」ができる事は本当に大切だね。NSCCの会期中も実行委員自身、『次はあれしよう、これしなきゃ』という事で頭が一杯になりそうだから、配慮は欠かせない…。

國:そうだよね。

栗:結構気になっている人も多いと思うんだけれども、NSCC実行委員をやる上で、パソコン苦手なのって大丈夫かな?

國:文章を並の速さで打つことができれば問題ないと思うよ!けどデザイン技術、動画編集技術とかがあるとかっこいいよね!

栗:では最後に一言!

國:個性がぶつかり合うこの全国大会で、最高の仲間を作ってください!