NSCC RING #6 「得たことの実践 vol.3」

 

こんばんは、そしてお久しぶりです!

第1回の記事を書かせていただいた、頌栄女子学院高2、総務部の木造 希です。

 

3週に渡ってお送りしている、「得たことの実践」。最終回の今日は私から「広報活動で実践したこと」

お伝えしたいと思います!

 

 

参加前の私の学校では、A4・A3サイズの生徒会報を月1回ぐらいで作成し、各教室や廊下などに掲示して

いました。

しかしパソコンで作っていたことや、記事に割り振られる面積が小さいため、書きたい内容も十分に執筆

できなかったことから質素なものになってしまい、案の定生徒に見てもらえていないという現状がありました…。

 

しかし、生徒会は生徒によりよい学校生活を送ってもらえるように企画を立てます。そしてそれを通すためには、やはり生徒に「どのようなことをしているか」を知ってもらう必要があります。ではどうしたらいいのか…

 

そこで私はNSCC3で「広報」班に所属し、議論の中で得た「自分の学校でも使えそうなアイデア」を学校で

実践しました。

 

※クリックで拡大します

 

 

今回はそれを「広報3ヶ条」と題し発表したいと思います!

 

 

1、 見てもらいたいものは大きくするべし

新聞を見ていても感じますが、やはり大きいものは目に入りやすいです。私たちは紙の大きさから模造紙に変更!記事の配分や文字にも注意を払って執筆しています。

 

 

2、 生徒に参加してもらうことで目を引くべし

生徒会報はやはり多くの生徒に見てもらいたい!そのために私たちはシールアンケートを導入し、

参加してもらうことで他の記事も見てもらえるきっかけ作りをしています!

 

 

3、 学校の渋滞ポイントに掲示するべし

全学年よく通る場所に貼れば、見てもらえる可能性も増えます!私たちの学校は生徒会室前が穴場スポット

なので、すぐ生の声を聞けることもあります笑

 

 

広報活動は生徒会活動の中でもよく壁にぶつかりやすいものだと思います…だ

からこそそれぞれの学校にあった広報も様々で、それを見つけることはとても

大切なことです!

この記事が少しでも1つの参考になれれば嬉しいです(*^^*)

 

 

〜次回予告〜

来週は開成高校の鷲見さんが「数字で見るNSCC4」をお送りしてくれます!

 

お楽しみに☆