#2 NSCC×「ボランティア」

 

 こんにちは!NSCC4実行委員IT部2年の秋山遼詞です。今回は、「生徒会は生徒にボランティアや地域活動を促すべきか?」というテーマで、実際にこういった活動を行っている東洋英和女学院高等部の下平さんと、行っていない海城高校の小野さんに対談していただきました。

 

 

◎活動に対する認識

─── 学校で生徒会として生徒にボランティア活動を促していますか?その内容も教えてください。

 

下平

 私は、東日本大震災や海外で起こった地震の募金活動を1学期に1回ほど行っています。あと、すいーつばたけという身体障害者の方が働いている施設に対しても支援しています。

 

小野

 僕たちの学校では、基本的に生徒会から生徒に対してボランティア活動を促すということは、行っておりません。

 

 

───これを踏まえた上で、そもそも「ボランティア」に対してどのように認識していますか?

 

小野

 認識と言っては大げさかもしれませんが、僕たちの学校ではまず、ボランティア活動は生徒会が促すものではなく、生徒の自主性に頼って自由に進めていってもらうという形になっています。

 

下平

 私たちの学校は、標語が敬神奉仕なので、生徒会指導だったり他の部活や委員会でも、クラブボランティアという形で、ボランティアが必修化されているので、活動が盛んに行われています。

 

 

◎生徒会とボランティア

 

─── ボランティアを生徒会として促す理由は何ですか?

 

下平

 まず促す理由は、生徒が生徒に関心を煽ることができることです。震災や国際支援に対する意識を持たせることができるのも長所かなと思います。

 

小野

 でもそのように国際支援に対して知識を広めるということは、必ずしもボランティアをすること以外にも関心を広めることができると思います。例えば、海外や貧困地域に目を向けるということであれば、講演を開くという方法もあると思います。

 

下平

 確かにそういう方法もあるとは思いますが、やはり私たちが学ばせていただいているという立場なので、ギブ&テイクという形が良いと思いますし、講義のようなものはやや堅苦しくて参加したくない生徒もいると思うので、より気軽に知れるのではないかと思っています。また、世間から見て、学校に対する評価が上がるということも長所だと思います。

 

─── 逆に、促さない理由は何ですか?

 

小野

 生徒会が促さない理由は、生徒が望んでいることを行うことが生徒会の仕事であるという考えが根底にあるので、果たしてボランティアが生徒のためであるのかどうかということが問題になってくると思っています。また、各学校によって風土のようなものが違ってくるという問題もあるのかなと思います。

 

下平

 ボランティアは生徒自身の学びにもつながってくるし、支援をすることで生徒のためにもなっているというメリットがあると思います。

 

小野

 生徒のためになることなら進んで取り組むべきだと思いますし、できないようなことなら行うべきではないことだと思います。学校以外の人のためになり、生徒のためにもなるボランティアならそれが一番良い形かなと思います。

 

 

─── では、ボランティアは誰のために行うものですか?

 

下平

 私は支援先の人にも喜んでもらえて、生徒も学べたら良いと思うので、お互いにメリットが生まれるような形で行うといいと思います。

 

小野

 罰のようなものではなく、生徒が進んで人のために行う活動であるべきだと思います。生徒がやってみようと思えるようなものが一番必要なところだと思います。

 

下平

 そのような知識を得るために、このNSCCのような場で様々な学校から情報を集めるということも大事になってくると思います。 

 

 

─── この対談を振り返って、生徒会は生徒にボランティア活動を促すべきでしょうか?

 

下平

 やはりボランティアはやって損はないと思います。

 

小野

 生徒にとっても、支援先の人たちにとってもいいものとなっていくのであれば、もちろんするべきだと思いますし、逆に安易な状況で始めてもお互いあまり良い気持ちにはなれないと思います。

 
 

下平

 確かに体制が整っていないと、安易なものになってしまいボランティアという活動自体の意義にも関わってくるので、まずはちゃんと知識をつけて様々な学校から情報収集することが大事だと思います

 

 

 

 

◎最後に

 お二方ありがとうございました!かなり熱い対談だったと思います。ぜひこのNSCCのような機会で、他校の活動を聞いて各学校で生かしていただければ幸いです。

 

 また、今回の対談はZ会東大個別指導教室の、プレアデス本郷という場所で行われました。 

 

*  *  *

[Z会プレアデスinfo] 

 「Z会東大個別指導教室プレアデス」は、受験テクニックを「教える」のではなく、自身の力を「引き出す」教室です。そのために、個別指導という指導法だけではなく、最高の講師と場所が用意されています。

 Z会プレアデスについての詳しい情報は >> こちら

 

 

 対談場所の提供をして下さいましたことを心より感謝申し上げます。

 

 次回は、NSCC×OBで「SNSの活用方法」というテーマでの対談です!お楽しみに!