第9弾「とりま、行ってみ?」

河野遼太郎

(NSCC4参加者/NSCC5実行委員・奈良県出身)

 

【寄稿者紹介】

河野遼太郎(こうの りょうたろう)

元 私立奈良学園高校生徒会会長。

高校時代は剣道部に所属し、その腕前は三段。

NSCC5では実行委員として僕の書記を務めてくださった方でもある。議事録(2日目 第9班)を読んでいただければわかると思うがかなり敏腕。

「ゆでたまご」と称されるほどの美肌の持ち主。どうすればそんなツルツルになるのか見当もつかない。

 

 

【本文】

まず、大雑把にNSCCとの出会いから始めたいと思います。

 

私は、学校の先輩からNSCCの話を聞き、参加することを強く勧められてNSCC4に参加しました。初めは、東京観光行けるし外務活動も行けるしめっちゃええやん程度に思っていましたが、そこで得た刺激といい、出会った人のクセのすごさ(いい意味で)に圧倒され、たちまちNSCCの虜になっていました。あんな軽い気持ちで参加したのが恥ずかしかったですが、参加してから気持ちが変わったので結果オーライというところでしょう。その後、NSCC5の実行委員になり、なんとかNSCCの良さを伝えたいと、自分で言うのもどうかと思いますが、奮闘しました。

そんなNSCCですが、

 

NSCCの良さは行ってみないとわかりません。

 

これだけは断言できます。

NSCCの良さを言えと言われたら、数え挙げたらキリがありません。これまでの「参加者の声」を読んでいただければ分かる通り、人それぞれ違います。人の数だけ良さがあるんです。とりあえず、参加してください。騙されたと思って。絶対に後悔はしないはずです。NSCC4、5で良かったと言う声が出ているのならば、さらにNSCC6はもっと素晴らしいステージで皆さんを待っているはずです。とりあえず、行ってみましょう。